スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

インテルツールの入手先(09年10月更新)

インテルツールですが、UPnP入門に掲載されている時とはURLが異なっています。以下のURLから取得可能です(探すと結構手間取りますねこれ)。

http://software.intel.com/en-us/articles/intel-software-for-upnp-technology-download-tools/

私のWebの方もこの辺りは追記してあります。
スポンサーサイト

コメントを見る(5)

はじめまして by rock
ついこの前に浜田さんの
Windows Vistaデバイスドライバプログラミングを
購入させて頂きました者です。

それで問題にブチ当たりまして・・・
ここでお尋ねしてもよろしいでしょうか。
無理なお願いかもしれませんが宜しくお願いします
すみません by rock
何度か試行錯誤をしていたら
なんとか自己解決いたしました。
お騒がせしましたm(_ _)m

ちなみに問題は
ドライバのインストール時に「指定されたファイルが見つからない」
と表示されていたことでした。
Re: すみません by はまだ
rockさん、始めまして。はまだです。
返事が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

自己解決されたようで何よりです。

Vistaドライバ本に関する問い合わせですが、こちらから出版社経由で筆者に圧力をかけることをお勧めします
(^^;

http://www.sbcr.jp/books/products/detail.asp?sku=4797343229
承認待ちコメント by -
承認待ちコメント by -

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

無責任マネージャに降格

更新が途絶えていますね~と他人事のように(汗)。

実は昨年の10月からめでたくマネージャに降格ですわ。端的に書くと「どうせロクなコードが書けないんだったら、コード書ける人たちの面倒見て少しは会社に貢献しやがれ」ということで押し込められました。

しかし、無責任技術者ならともかく無責任マネージャってすごいヤな響きですね。迷惑範囲が尋常じゃ無さそうで。

ま、なってみると比較的楽な商売だと思いました。ぶっちゃけ。

 自分は何もしないでヒトに任せればいいだけですから。

その内プロマネ本でも書こうかなと。「マネージャなんてな気楽な稼業」みたいなの。エンジニアに命令さえ出せばいつのまにやら仕上がっているあー楽だラクダ。

なんてこと書いてるとその内刺されそうな気がしますです怖いです。

しかし、私たちがやっているような組み込み系だとプロジェクト当たりの人数がそんなに多くないので、そこらのプロマネ本読むと逆に足かせになることも多いなぁとかは思います。個人的にガントチャート大嫌いですし。。

コメントを見る(1)

待ってます。 by Dark blue
Windows 7デバイスドライバプログラミング
の本の出版をお願いします。
貴方の本は地獄に仏なんですよ。
貴方の本でどれだけたすけられていることか。
太字の文色付きの文字

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

2009年11月 UPnP入門が復活なのです

忙しかったので、最近はあまりamazonで自分の本を見ることがなかったのですが、9月くらいから拙著・UPnP入門の在庫が無い状態が続いていたようです。そこで出版社に問い合わせると在庫が少なくなっていますとのこと。在庫が少なくなったら連絡が欲しいトコなんですが、あたくしのように超弱小なライターですとそんな訳にもいかないようですグスングスン

ということで、買おうと思ったのに在庫がなかった皆様申し訳ございません。
増版をかけましたので、遅くても11月ぐらいには再び、購入が可能となります。
m(_ _)m

#そのような方、日本に恐らく二桁もいないかとは思いますが。

今度こそ数年は余裕で持つと思います(既に潜在顧客の8割ぐらいには行き渡っていると思うですよ主観ですが)。出版が確認次第ここでアフェ付きで紹介しますので、是非ひっぱたいて購入していただき、二重にあたくしを儲けさせてくださいまし。

時間があれば、これ新しくUPnP-AVと絡めてここらのフォトフレームとかと連動するコードの書き方とかやってみたいんですけどね。マイナーすぎて出版とかされないと思いますのでやってはみたいのですがいかんせん金も時間も無い…。

コメントを見る(1)

承認待ちコメント by -

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

自作自演じゃありません

あ、自慢系ですので、カレーにスルー推奨です。

こんなモノを見つけました。

THE 21 なんでもランキング 書籍ランキング(2009/01/06)

ランクイン以前の問題でグランデにあった(のか”ある”のか知りませんが)ことにビックリです。

ジュンク堂の方ですがこちらは在庫が無くなりました。高橋さんが買って下さったのでしょうか。逆にamazonでは在庫が復活してくれました(2009年1月12日現在)。ここらの在庫はどうもコロコロしそうですね。暫くの間は。

それにしても、このランキング見てちょっと悦に入ってます。ソフトバンクとか技評とかオライリー、日経、毎日コミュニケーションズという中に燦然と輝く

ブイツーソリューション!

いや、もう本当に皆様のお陰ですm(_ _)m。買ってガックシとかだったらごめんなさい。

これ書泉グランデ一店舗での話ですよね。極端な話、例えばこのブログを本にまとめて自費出版して、カミさんに手間賃出してこの店から15冊ぐらい買ったらランクインしてしまうかもしれないってことですかねこれ。

いっとくけど、やってませんよ。

竜宮レナに「嘘だ」と言われようがウソバスターに「嘘だ」と言われようが、本当です。とはいっても証明の手段無いですけど…。

何せ「コンピュータ本ならお任せ的な本屋なのに、流通している日本で唯一のUPnP本が無い」という状況の楽しさを取りたい人なのであたくし(あ、少し涙が)。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

楽して速く終わらせたい話

東京の割合大きな本屋でコンピュータ系の本とか見ると、明らかに数年前とは違うのが組み込み系の仕事に関する書物の多さです。「間違いだらけの猫でも解るやさしい組み込み業界脳の作り方を256倍楽しむ方法」みたいな感じのですね。(自分では新旧混ぜてみたつもりですこれでも)。

要はパソコン上でアプリ書く場合(Delphiあたりが普通なのでしょうが)、あんまり考えなくても良いことが、組み込みの世界では必要になりますよ~って趣旨なのでしょうきっと多分。今回はそういう「特有系」の話なぞ。

データ通信を行うシステムを高速化する場合を考えます。この高速化をどうやって実現するか。たとえばITRONなどを使ってシステムを全部自分で設計しているという場合、一番単純でかつ効果がそれなりにある方法はメモリコピーの回数を減らすことです。恐らくそれ系の本でも必ずネタとして出てくる筈です。無責任を誇る(なよ)あたくしでもこれぐらいはさすがに解ります。

例えばWindowsCEで動いているボードを貰って「ハード的にこの通信デバイスがどれぐらい速度出るのか知りたい。つまり、もう少し速くならない?」と言われた場合、何をやってもいいのであれば、CEをはぎ取り、適当なRTOS -しかもカーネル空間とユーザ空間を明確に分けなくても済むやつ- を入れてメモリコピーの回数を減らしたシステムを作ることで高速化が図れることが多いです。つまり速くしたければCPUに楽させましょうと。尤もCPUに楽/苦労を区別させるとなるとこれもまた一仕事になるのですが

しかし無責任な技術者になると、これすらできません。上記の作業をしたにも関わらず速度が稼げない稼げない。つーかむしろ遅くねーかこれ。

やべぇリストラされる~と悩んでいたところ、キャッシュ設定がなされていないことに気付きました。これを有効にしたところ、一気に速くなったことがあります。キャッシュメモリの詳しい定義はここらあたりにありますが、雑に書くとこういうシステムです。

例えばCPUがHello Worldプログラムを実行するとします。キャッシュ設定が有効な場合、そのシステムはHello Worldプログラムのある場所(付近)から定められたサイズだけ通常のメモリからキャッシュという高速メモリに自動的にコピーします。そして、その中のデータを扱っている限りは高速メモリだけでコトを済ませるような動作をします。例えばこれが32Kバイトあるならば、32Kバイト分のプログラムを実行している間は凄ェ速くなります。そして、Hello Worldとは離れた場所にあるhashプログラムに処理を切り替えようとすると、また通常メモリからキャッシュへのコピーが自動的に行われることになります。それを使わずに全部普通のメモリからやり取りしていたんじゃそりゃ遅いわねと。

本人の意図した形ではないですが、キャッシュの有効性をこの時は思い知りました。バグは良き先生なのです…と後からなら言える。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

DLNA書籍 みなさまのおかげでございます

新年早々、また宣伝ブログです。今度はDLNA系で検索エンジンにひっかけてもらおうかなーとか思いまして。

とはいえ、UPnP入門の場合はDLNA的のベースとなるUPnP-AVまでの解説です。といいますのも、DLNA自体の仕様は(確かまだ)オープンになっていない筈ですのでおいそれとは書けないのです。UPnP-AVの方はWebで誰でも仕様書取れますので「なんでバラしたんだ!」と怒られることは少なくともないと思っています。

時間があればDLNAガイドライン和訳して解説したいとか無謀な夢もない訳ではないのですが、って寝言は寝てから言いますスミマセン(つーかアップデート結構早いので絶対追いつかない自信があります。この辺りVistaドライバ本の担当さんとか深く頷いてくれそうでスミマセン)。

とはいえ、数年前のあたくしのようにUSBとかSCSIはそこそこ解るけど「XML? なにそれ。美味いの?」的な人がいきなりDLNA系の開発放り込まれると本当に資料なくて困ります、というか困りました。本書では「入り口」どころか「入り口への行き方」ぐらいまでしか書いていないですが、それでも、非プロテクトのコンテンツであれば、ブッコ抜くための手がかりぐらいまでは書いてありますので、お金にものすごく余裕があってこんなのでも無いよりマシと思っていただけましたら、どうかご検討下さい。ま、ブッコ抜くという目的でいえば、基本HTTPでひっぱって来るだけですしね。curlで十分抜ける筈。

さて、下の記事で在庫豊富などの本屋でも置いてはくれない哀しい優越感と書きましたが、こないだジュンク堂池袋店に行ってビックリ在庫(1/3現在)があったのです。しかも一冊だけ平積みスペースに置かれるという、意味不明な状況で。いや、よく置きましたねぇ。

売れもしないのに
(ってコラー!)

と思ったらこんな日記を見つけてしまいました。

思っているよりもずっとずっと人生は短い。(2008年12月30日)

高橋様本当にありがとうございます。個人的には「日本で一冊しか無い新刊本でありながら絶対に書店に置かれない本」として本来の価値以上の本に見せつけて買わせようとい浅ましい戦略があり、それは崩れてしまいました(笑)が、逆に東京周辺の方々であれば実物を見ることができますので、これで少しでも騙され率が減るのであれば良かったと思います。

ですので、ローカルな話題で申し訳ありませんが東京にいる、あるいは来られる方でジュンク堂池袋店に行きますと、1/3現在ではまだ在庫があります。つーか2冊もあればぶっくらぼう時代の売り上げで考えますと、半年ぐらいは余裕で残っている筈です。あの店では椅子に座って読むこともできますので、こんな感じで見てもらえると嬉しいです。

正しい読み方

あと、前にも書きましたが、本書は配本手続きをしていませんので、出版社と提携しているamazonを除き、どこも在庫が無いのがウリ(ウリなのか?)だったのですが、最近は若干様子が変わってきて、主要なネット書店では1月3日現在で結構在庫があります。あたくしが確認した限りでも、bk1とか楽天、通販の紀伊国屋、セブンアンドワイなどでもほぼ即納(2~3日)なので、在庫を置いていただいているのだと思います。逆に提携している筈のamazonが即納できていません…
orz

事情はド素人のあたくしには良くわからないので、推察になりますが、ここやあるいは本書を取り上げてくれているサイトを見て頂いての注文がそれなりにあるのではないかと淡い期待を抱いております。つまり「なんだか知らんがチョコチョコ注文があるから少し在庫持った方がかえっていいかも」と思って置いてくださっているのかもしれません。だとすると、本当に日記のタイトルの通りで大変感謝しています(ちなみに筆者自身どれくらい売れているのか全く把握できていません)。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ハードトップの方がリセールバリューも高くてスタイリッシュ!

あけましておめでとうございます。もう2009年なんですね。

新年はじまって間もないですし、たまには雑談めいた話など。あぁもちろん宣伝はキッチし上でやってますけど。

あたくしの趣味の中に「ドライブ」が入っています。自分自身基本アッシー体質(完全に死語ですねこれ)なので、車を運転していること自体が結構楽しいです。ただしAT限定というヘタレではありますが。

が、昨年は乗らなかったです。ガソリンの高騰やゲームにハマるとか、いろいろな事情があったとはいえ走行距離的にとても悲しい事になっています。どのくらい悲しいかというと、昨年末にちょっとヤボ用で東京に行っただけで

おー走ったなぁー

と思うぐらいです。え、車ですかぁスカラインという2.5リッターのセダンです。しかもターボついてます。それがここ半年は近所のスーパーとかカミさんをたまに駅まで送ったり、迎えたりというのが主目的です。ターボの意味ねーねー(つーか微妙にターボ痛めてますかこの乗り方)。

という人が多いのかどうか、最近車は本当に売れていないらしいです。そんな中で雑誌選択に面白い記事がありました。記事の名前が「破綻した車過剰社会」というものです。内容としては「ビッグ3が衰退しているのは本当に経済が危ないというだけではなく、車がもう余っているんじゃないの?」という話です。

記事では米国や欧州などの話もあげていましたが、少なくとも所謂バブル時代の日本の都会に関して言えば間違いなく過剰供給だったと私は思います。当時の車雑誌、特にバイヤーズガイドとか見ると解りますが、ほとんどギャグですよ。

1クラス上の高級感を   → でもハードトップで後席室内狭いジャン!
リセーバリューを考慮して → 200万超える車を車検ごとに買い替えろってか?
刺激的な加速性能     → とはいえリッター3kmは辛いよね

って感じです。もう皆さん忘れているかもしれないのですが、今から20年前といえば、あのハードトップが全盛期です。こんな形ですね。窓枠を無くして背を低くすることが良しとされていました。なので狭いです。恐らくですが今のカローラと当時のマークⅡなら今のカローラの方が広く感じると思います。でも当時のバイヤーズガイドとかを見ても「ハードトップの方がスタイリッシュリセールバリューも高い」とか真顔で書いてあるんです。つまり3年か、長くても5年で買い替えるイメージですね。いやぁ今見ると広告業界のドス黒い執念すら感じますハイ。ここと比べるのは卑怯なのでしょうが、もうこんなには売れないだろうなぁとは思います。

とはいえあたくしも、スカイライン持っている辺りその価値観から抜け切れてはいないのですが。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

UPnP書籍 本屋で品切れでも出版社に在庫はあるはず

タイトルがヘンだとか言わないで下さいね。これはいつもの検索エンジン対策です。あと、下のカテゴリにも「宣伝」とありますように、この枠は10円でも20円でも取り返すためのダメエンジニアの必死の足掻きですので、冷笑するかあるいは素通りするのがセオリーです。本屋が置いてくれない以上、ググって知ってもらうしかないんです。
#しかし、セオリーとか解るかなぁ…(^^;

この辺りアイドルのシトとか羨ましいです。トップに顔写真載せて「買ってねはあと」とかでイケるんだろうきっと多分恐らく(偏見?)。あたくしのようなハゲかけたオヤジが書いても「宣伝厨乙」扱いでしょうからね。尤もセクハラに耐えながら体系維持とか私には絶対できないだろうしなぁ。

こういう時に「萌え本にしたら」が頭をよぎるのです。これだと人造の萌えアイドルに「買ってね」と言わせればいいので、セクハラに耐える必要も体系維持も気にしなくていいです便利。でもこれ前にも遊びでやりましたが、通常の文章に比べて量も時間もだいたい3倍ぐらいかかるのがネックです。そもそも絵描けないですし

妄想はこれぐらいにして。

実は私、なぜか「はてな」に縁があるようで、私の個人名とかUPnP入門もはてなでブックマーク/キーワード化されていたり、はてなダイアリーでも何件かとりあげてもらっています。以下の2つのエントリーではコメントまで頂いているようです。嬉しいのでシャシャリ出てコメントさせて戴きました!

エンジニア/ライターで活躍されている「やねうらお」さんのブログ

未踏本体採択プロジェクト「DLNAサーバ coRockets」 の開発者であるgamellaさんのブログ

amazonとか見ますと今日(14日時点)で在庫切れになっています。そして他のネット書店でも殆ど在庫無い筈です。これは本書が「配本」という手続きをしていないためです。ですので気にせず注文して下さい。少し時間がかかってしまって申し訳無いのですが…。

商業系の本は通常「委託配本」ということで流通業者を通して、リアル書店あるいはネット書店へと配布されます。そして新発売本は「在庫」の扱いとなるのです。で、一定期間売れないと出版元に「ノーリスクで返本」できるのです。これ、出版社側から見ればとりあえず置いてもらえるというメリットがあり、本屋側ではノーリスクで新書が置けるのです。ま、実際はここで本が傷んだりして多少ダメージがあったりしますが。これは「配本」をエロい人に依頼して初めて成り立ちます。

私の本はその対象外です。原則出版社であるブイツーソリューションで在庫を持ち、注文が入ると、出版社→本屋→読者という形で流れます。ですので、豊富な在庫を誇る本屋でどこも置いてくれないのです。

これは出版数が少ないのと、広く見せびらかして売れるタイプの本じゃないという読みをしてこうしました。というのも、オンライン時代からUPnP,DLNA検索でかなり上位に来るコンテンツだったのですこれ。にも関わらず公開したことを後悔するという幾月@P3ぐらいダメなダジャレを言いたくなるぐらい売れませんでした。なので、ググって見つけて欲しいと思った人が2年ぐらいは購入できるであろう部数を計算して出版することにしました。流通通さずに直接売るのはなんか怖かったもので…。

ということですので、本屋に在庫が無いのは通常状態ですので、気にせず注文して下さい。但しここにあるサンプル文章には必ず目を通して下さい。んでもってこんなんでも良いという判断をして戴いた方に注文して欲しいなぁとか思っていますハイ。

ただ、amazonは例外でここは出版社のブイツーソリューションと組んで自費出版も在庫してくれます。とはいえ部数的には少な目なので、今は切れているんだと…思いたいですそうですよね(必死)。

ちなみにあたくし、東京の有名な本屋に行っては「コンピュータ本なら何でもあるっていう感じを売りにしているのに、日本で一冊しかない新刊のUPnP本置いてないんだ~。ふ~ん」という哀しい優越感に浸っていたります。

コメントを見る(2)

がんばってください by にせ技術屋
やねさんのBlogよりここへ来たものです。
興味があったので、UPnP&Xpデバイスドライバの本を購入させてもらいました。届いた時の分厚さにびっくりしましたが。
プログラミングが本業ではありませんが、技術者の端くれとして微力ながらも勉強していこうと思います。浜田さんも頑張ってください。
面白くもクソもないコメントですみません。
 by はまだ
にせ技術屋さん、はじめまして。

2冊も買って戴いてありがとうございます!

XPドライバ本はあれでも内容を結構削っていまして、本当ですと800頁を超えてしまっていたのです(編集さんに言われたのは500頁…)。

それでは。コメントありがとうございました。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

はまだ

  • Author:はまだ
  • リストラが怖い、組み込みエンジニアもどき
    細かい紹介はここをクリックぅ


    コメント&トラバは管理者承認が必要なのですが、ぶっちゃけエロ系フィルターですので、お気軽にウプしていただけると嬉しいです。

  • advertisement
  • 宣伝させてくださいなのです。


    カテゴリー

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。